おまとめローンおすすめ

\おまとめローンに申し込むなら/

トップページ > 長崎県

毎月のローン返済が大変…
金利が高くて返済が終わらない…
返済日がまちまちで忘れそう…


複数のローンを何とかしたい方必見!

こちらでは、長崎県内で複数の借入を一つにできる「おまとめローン」をお探しの方のために、おすすめのおまとめローン3社をご紹介しています。

低金利で安心して借りれるところ、今すぐ融資してくれるところなど、役立つ情報をご案内しています。

おまとめローンに最適なのは地方銀行ローン

おまとめローンとは、複数の借入先からの借金を一つにまとめることのできる便利なローン。色んな金融機関で用意されていますが、実はその中には悪徳業者も存在します。

「すぐに融資してくれそう」「金利も安そう」と思って安易に借入先を決めてしまうと、せっかく借金を一本化したのにトラブルに巻き込まれる可能性があり危険です。

そう考えると、安心して借りれるのは知名度の高い銀行のおまとめローンがおすすめです。

消費者金融よりも低金利なこと、銀行という安心感も兼ね備えているので、どなたでも申し込みしやすいのではないでしょうか。

この時、大手銀行ではなく知名度の高い地方銀行を選ぶのがベスト。

大手銀行のおまとめローンは通常ローンよりも審査がより厳しくなっているため、おまとめローンを利用する場合には地方銀行がおすすめとなります。

低金利な銀行おまとめローンが厳しそうなら消費者金融へ

次におすすめなのが、知名度の高い大手の消費者金融です。

銀行ローンと比べるとやや金利は高いものの、申込から融資までのスピードが早く、即日融資にも対応している所が多いのが魅力です。

銀行ローンにも消費者金融ローンにもメリットデメリットはありますが、安心して借りれるところをお探しなら、地方銀行のおまとめローンを利用することをおすすめします。

ただし、おまとめローンは高額な借り入れとなるため、消費者金融を選ぶ上では最大限度額の大きいところを選ばなければいけません。また、高額借入になるため返済期間がどうしても長くなってしまいます。

そう考えると、より低金利な地方銀行のおまとめローンを利用するのが最適なおまとめ方法と言えるのではないでしょうか。

おまとめローンに申し込むなら
\低金利おすすめランキング/

24時間365日土日も申込OK
PC・スマホで手続き完了
実質年率12.5%
おまとめ
借入額
30万円~1,000万円まで
(※お申し込み時の借り換え対象ローン残高の範囲内に限る。)
審査時間最短3日
無利息期間30日間
収入証明書※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 利用限度額が最大1,000万円
  • 知名度の高い銀行だから安心
  • Web完結で契約手続き完了
  • 24時間365日申し込みOK

【申込条件】

  • 満20歳以上、65歳未満の方
  • 給与所得者の方
    (正社員・契約社員・派遣社員など)
  • 年収200万円以上の方
  • 保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証が受けられる方

申し込みの際には、2つの必要書類の提出が求められます。以下の書類のうちいずれか1点をそれぞれ準備してください。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書 など

※外国籍の方は、在留カードまたは特別永住者証明書の画像(有効期限内・両面)も必要です。

【収入証明書類】

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書(受領印つきの1・2枚目)
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書
  • 給与明細書(直近3か月分)など
最短審査で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
おまとめ
借入額
1万円~800万円まで
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要(※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要)
  • おまとめにも最適な限度額
  • 審査が早く最短融資も可能
  • 初回は最大30日間利息0円
  • Web完結で契約手続き完了
  • PC・スマホで申し込みOK

【申込条件】

  • 20歳以上、69歳以下の方
  • 安定した収入のある方
  • 返済能力を有する方
  • 当社基準を満たす方

申し込みの際には、2つの必要書類の提出が求められます。以下の書類のうちいずれか1点をそれぞれ準備してください。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
24時間365日土日も借入OK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
おまとめ
借入額
1万円~500万円まで
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要(※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要)
  • おまとめにも最適な限度額
  • 審査が早く最短融資も可能
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利

【申込条件】

  • 20歳以上、69歳以下の方
  • 安定した収入のある方
    (パート・アルバイトも利用可)

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など

まとめ

こちらでは、低金利で借りれるおすすめのおまとめローンをご紹介しました。

おまとめローンは、多重債務者の悩みを解決する手段の一つです。

複数のローンを一つにまとめることで返済日や返済残高が管理しやすくなり、生活の負担を減らすことが可能になります。

東京スター銀行スターワンバンクローン(おまとめローン)なら、銀行ならではの低金利と安心感もあり、大手銀行に比べて柔軟に審査してくれる傾向にあります。

また、パソコンやスマホからネット申し込み可能で、すべての手続きをWeb完結できる便利さもあるため、日本全国どこからでも申し込みできます。

おまとめローンが気になる方は、ぜひ申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

長崎県の方向けおまとめローンによくあるQ&A

こちらでは、おまとめローンの利用を検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ申込前の参考にしてみて下さい。

Q. おまとめローンに申し込もうと思っているんですが、審査に通らない場合もありますか?

A. はい。審査に通らない可能性もあります。

どうしても審査に通りたいからといって、申込者がやってしまいがちなことが裏目に出てしまうケースがあります。

以下の点には十分気を付けてください。

【おまとめローン申込時の注意点】

  • 他社借入件数を少なく申告しない
  • 年収を実際より多めに申告しない
  • 嘘の勤務先を申告しない
  • 必要以上に借入しない

これくらいの嘘ならバレないだろうと虚偽の申告をする人がいますが、どんなに低所得であっても正直に申告することが審査においては大事なポイントになります。

Q. おまとめローンの審査が通りやすい銀行ってありますか?

A. おまとめローンの審査は借入額が高額になるため、どうしても通常ローンより審査が厳しい傾向にあります。

そのため、審査が通りやすい銀行はどこにもありません。

ただ、大手銀行と比べると地方銀行の方が審査は柔軟に対応してくれるところが多いようです。

Web申し込み可能な地方銀行であれば全国どこからでも申し込めるので、利便性も高いのが特徴となっています。

Q. おまとめローンに申し込むメリットデメリットは何ですか?

A. おまとめローンを利用する上でのメリットデメリットは以下の通りです。

おまとめローンのメリット

  • 毎月の返済額が少なくなる
  • 返済日が統一できる
  • 金利を安く抑えられる

おまとめローンのデメリット

  • 審査に通りにくい
  • 返済総額が増える可能性あり
  • 再度多重債務になる危険性あり

メリットばかり取り上げられることの多いおまとめローンですが、選び方を間違えるとかえって返済の負担が増えてしまうこともあります。

低金利でなおかつ安心して借りれる借入先を探すことが大事なポイントになります。

おまとめローンの基礎知識コラム

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。
最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており低金利な上に来店不要という点も魅力です。銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。ちなみに、多重債務者の方はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。おまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。
更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。
おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。



必ず必要となる書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。


借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。おまとめローンは数社の借入れをまとまられるのでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。
いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。
返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようでおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。



一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。


両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。
複数の金融業者からお金を借りれいると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。



反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。
おまとめローンを提供してる金融業者もありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。



長崎県の方向けおまとめローンお役立ち情報

おまとめローンに申し込むなら
\低金利で安心の東京スター銀行/

長崎県でおまとめローンに申し込むなら